このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの国内リップル取引所比較一覧2018

リップル(ripple)が取引可能な取引所だけの比較一覧をしてみました。
最新のリップル取引所を国内限定で比べております。
リップルが取引できるすべての取引所が一覧になっている取引所をずっと探していた人には必見です。

 

国内のリップル取引所一覧

実はそんなに多くない国内にあるリップル仮想通貨取引所はこちらです。

国内取引所 取引種別 人気度 公式ページへ

bitbank

取引所 ビットバンク公式ページへ

Liquid(旧QUOINEX)

取引所 リップル取引所国内 ビットバンク公式ページへ

bittrade

取引所 リップル取引所国内 ビットバンク公式ページへ

BITPoint

取引所 リップル取引所国内 ビットバンク公式ページへ

coincheck

販売所/取引所 リップル取引所国内 ビットバンク公式ページへ

DMMコイン

販売所 リップル取引所国内 ビットバンク公式ページへ
GMOコイン 販売所/取引所 リップル取引所国内 ビットバンク公式ページへ

SBIバーチャルカレンシーズ

販売所 リップル取引所国内 ビットバンク公式ページへ

こちらの表でも分かるようにビットバンクが一番人気です。世界規模から見ても取引量はbPでありリップル(ripple)を持っていてこちらの取引所に口座開設をしない人は少ないでしょう。

 

国内のリップルおすすめ取引所は?

おすすめリップル おすすめはbitbank(ビットバンク)!

 

 

先程も説明致しましがやはりダントツでビットバンクでしょう。国内でなぜ利用者数が一番多いかというとやはり手数料が一番安い事が上げられます。
こういったたぐいの表を探していると手数料無料等と書かれていて「結構手数料無料の取引所ってあるじゃん」って思うことがあります。
実はそれは情報としては一番怖いもので実は他のところでぼったくられていたという事が多々あります。
その正体はスプレッド!上記の表で取引所と販売所をなぜ書いたかというとそれは販売所には大きなスプレッドというお金がかかります。
例えばスプレッドが大きい取引所などは10万円投資して1万円ものスプレッドがかかることがあります。
事実上10%の収益を上げないと引き出しもできない料金です。

 

これを知っている人は取引所で売買をするんですよね。
だからビットバンクですが他にも取引所がまだありますよね。
ビットバンクではおまけに取引手数料が無料なんです。
これは極めつけでしょう。
最近はコインチェックもそれを真似てなのか期間指定のない手数料無料キャンペーンを行っていますね。
またビットポイントも中々良いです。
Bitpointを勧めている人はあまりいませんが母体もしっかりしている企業ですし手数料も無料、送金手数料も無料です。
ただ売り買いの幅がビットバンクよりあるのでおすすめ度は落ちますが送金を他に良くする人は送金手数料が無料のビットポイントも中々です。


一般的なおすすめはビットバンクだったのですが取引方法によってまた異なるでしょう。レバレッジ取引を望む人であればQUOIEXでしょう。レバレッジはDMM,GMOは5倍に対して25倍ものレバレッジが可能です。

 

「リップル」取引所!国内取引量bPです。

リップル取引所ビットバンク