このエントリーをはてなブックマークに追加

リップルの空売りができる国内の仮想通貨取引所は?

リップルの空売りができる取引所ってどこだろう。空売りとは売りから入る取引で用語でショート(short)と言います。取引はやはり買うだけでなく売りをやらないと意外と損することが多く出来ることなら空売り可能な取引所でやりたいですよね。

 

リップルの空売りが出来る仮想通貨取引所

 

リップルの売りから入れる売りができる仮想通貨取引所は実は日本では3社しかありません。

 

リキッド(LIQUIDBYCOIN) 25倍レバレッジ
DMMコイン 5倍レバレッジ
GMOコイン 5倍レバレッジ

 

たった3社だけって感じですよね。ビットコインと違い国内でリップルの空売りができる取引所はとても少ないです。感じがいしやすいのですがビットバンクはリップルの取引量NO1でビットバンクトレードというFXも起こっていますのでリップルの空売りができると思いきやなぜかリップルFXは行っていません。素人の人には管理画面の見やすいDMMやGMOコインなどが人気です。この2社で行ったら手数料が安いDMMコインでしょう。慣れてくれば通常の現物取引も可能なリキッドがお手間じゃない感じがします。→リップルのFX可能な取引所の手数料一覧も見たい人はこちら

 

空売りって?売りから入るって?

 

通常の取引だと安値で買って上がった時に売るという形で上がった幅の利益を得ます。
逆に「空売り」は現在の金額で売ったという売りから入ります。
そして下がった時にその下がった時の金額で購入したことにしましょうというものなのです。
よく下がった時の金額で買い戻すという表現をしますがややこしく考えてしまうのでもっとシンプルに考えて良いと思います。注文日の金額から下がった時の金額で買った事にしてもらえる。
取引所はなんでそういった取引が可能なの?と思いますが売った時でも買った時でも利益が取れるようにそういったシステムを考えたとしか言いようがありません。儲かるからということでしょうか。

「リップル」取引所!国内取引量bPです。

リップル取引所ビットバンク